• kmazda

3Dプリンター・スキャナー購入

少し前になりますが、3Dプリンターと3Dスキャナーを購入しました。


購入したもの

3Dプリンター:Creality Ender3 S1

3Dスキャナー:Revopoint pop2 (Makuakeで購入)



Ender3 S1


研究室でも同じものを使っていて、TPUフィラメントが使えるところが特に気に入っています。

最近は↓の動画を見て買った2色フィラメントで遊んだりしています(モデルはリンク先の概要欄のthingverseのもの)。

https://youtu.be/egRSOu9ARS0


研究室のEnder3 S1では、OctoPrint(ファイルのアップロードや印刷のオンライン制御)とMJPEG streamer(印刷状況の配信)を利用しています。今のところ、うまく動いています。

<OctoPrintの導入>

1. 研究室の余っていた古めのPC(Windows)に、下記リンクに従ってOctoPrintを導入。

Setting up OctoPrint on Windows - Get Help / Guides - OctoPrint Community Forum

2. その後の設定は↓を参考に設定。

OctoPrint(OctPi)をセットアップしてみた – ともの技術メモ (tomono.tokyo)



Revopoint pop2

安価で精度も比較的良い3Dスキャナーです。今はCreality CR-Scan Lizardが競合にあるのかな?早めに安価に手に入れたかったので、Makuakeで購入しました。

研究室には回転スキャンのみのSOL 3Dスキャナーがありますが、大きなもののスキャンで手持ちスキャンができるのが大きいです。pop2でも回転スキャンの方が、安定してスキャンはできます。

microCTは、内部構造を見ることができるのが強みですが、サイズに縛りがあるので、表面のデータで十分なもので、サイズが大きいとき(誤差も相対的に小さくなる)に活躍してくれるかなと思っています。

画像はキャベツをスキャンしたものですが、比較的良い感じにスキャンできています。


研究をはじめとして、いろんなものに活用していきたいと思っています。


松田

閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

先日、論文がプレプリントに出ました。 Computational analyses decipher the primordial folding coding the 3D structure of the beetle horn 2017年の論文(Complex furrows in a 2D epithelial sheet code the 3D structure of a beetle

4月より社会人大学院生として大阪大学に入学することになりました。 初期研修医をしながらになるため、研究に全振りすることはできないですが、自分のペースで研究を進めていこうと思います。引き続き、カブトムシをはじめとする外骨格生物の形態形成について研究していく予定です。 成果をまた報告できるよう、頑張ります。